花粉症?それとも疲れ?目のしょぼしょぼ、その原因と対処法|眼精疲労box

  • フリーライター求人
2,685 views
2016年3月3日
花粉症?それとも疲れ?目のしょぼしょぼ、その原因と対処法

目が疲れていると、しょぼしょぼとしてしまいますよね。人によっては、しょぼしょぼがひどすぎて、目が開けられない!なんてこともあります。この目のしょぼしょぼですが、その原因と対処法は一体どんなものがあるのでしょう?

Webライター、脚本家
  

目のしょぼしょぼは目が疲れているサイン

パソコンを使った仕事やスマホで、日々目を酷使している人も多いのではないでしょうか。目が疲れてくると、目がしょぼしょぼとしてきますよね。ひどい場合は、しょぼしょぼしすぎて目が開けられない、なんていう場合も。

この目がしょぼしょぼするという症状ですが、これは目が疲れているというサインなのです。しょぼしょぼを放っておくと他の症状を起こす引き金になってしまう場合もあります。しょぼしょぼの原因を知り、大事な目をケアしてあげましょう。 パソコン仕事で目が疲れているOL

目がしょぼしょぼする原因

目を酷使している

最も多い原因は目のを酷使でしょう。仕事中のパソコンでのデスクワークはもちろんのこと、スマートフォンの普及によって休憩時間や通勤時間、はたまた寝る直前までスマホでネットサーフィン、という人も多いですよね。

目を休めないといけない時間にまで、スマホの液晶画面を見続けている・・・。これでは、目が休まる暇がまったくありません。さらにネックなのが、スマホの画面が大きくないこと。多くの情報量を、あの小さな画面で見るわけですから、目に大きな負担がかからないわけがないのです。

目の病気を患っている

眼精疲労の原因の一つにはドライアイという目の病気があります。これは目が極度に乾いてしまうという症状のものですが、パソコンのモニターなどを集中してみていることで、まばたきの回数などが減って、慢性的に目が乾いてしまうことが引き金で発症します。目が乾燥しているので、目がしょぼしょぼすると感じます。

ストレスで目がしょぼしょぼすることも

ストレスによって、体がこわばってしまい全身の血行が悪くなっていたり、不眠などで体が十分に休めていない場合。これらによって目に疲れがきてしょぼしょぼとしてしまうこともあります。

コンタクトが合っていない

コンタクトレンズをしていて、目がしょぼしょぼしている方はレンズが目に合っていないという原因も考えられます。コンタクトレンズのカーブが目に合っていないと、コンタクトレンズが蓋のような役目をしてしまって、角膜に十分な酸素が行き渡っていない場合などがあります。 一点を凝視する老人

しょぼしょぼの根本的な原因は何か

端的に言ってしまえば、目がしょぼしょぼとする原因と言うのは、眼精疲労によるものです。しかし、眼精疲労が原因ですと言われてもよくわからないですよね。究極的につきつめてしまうと、目がしょぼしょぼとする原因は「一点凝視を長時間しているせい」なのです。

長時間ずっと同じ場所を見続けていると、目の筋肉が全く動かず、ずっと固まってしまっている状態になります。そのため、目の筋肉の血流が悪くなってしまうのです。わかりやすく言うと、肩こりのような症状が目の筋肉にも起きているという状態です。

スマホやパソコンが現代のように普及する以前、目の疲れる行為と言えば本を読みすぎるなどといった限られたことでした。しかし、今ではスマホやパソコン、タブレットといった便利な端末が存在します。

そして、これらを使用するということはその画面を一点凝視する、ということです。こういったものが身近になった分、一点をずっと見ている、という行為が昔に比べて圧倒的に手軽にかつ頻繁に行われることに。目のしょぼしょぼは21世紀の現代病と言えるのかもしれません。

しょぼしょぼの対処法は?

こまめにピントを外す

一点凝視をして、目の筋肉が動かないことが原因ならば、その筋肉を意識的に動かしてあげることが対処法になります。目の筋肉をストレッチしてあげるということです。

ストレッチの方法として、目のピントを外すということが有効的です。パソコンのモニターなどをずっと見ている場合でも15分に1回ほどモニターから目を離して、少し遠くを見るようにしてあげます。また、目を閉じて目の周りの力を抜いてあげるのも良いでしょう。

目のストレッチをしている女性

目を閉じてぐるぐる回す

また、目を閉じた状態で眼球運動をするのもオススメです。目の筋肉と眼輪筋をを動かすことによって、目の周りの血流を促進してあげます。やり方は簡単で、目を閉じたまま目をぐるぐる回したり、上下、左右と動かしていきます。

涙を流す・目薬をする

目の渇きを防ぐためには、涙を流したり、目薬をしたりして乾燥を防いであげることも大切です。あくびをして涙を促してあげても良いですね。また、意識的にぱちぱちとまばたきさせることで目の表面を潤してあげるのも効果があります。

出典:
http://www.skincare-univ.com/article/005922/
http://目の疲労回復.com/megasyobosyobosuru.html

著者:草道 花

Webライター、脚本家
アイコン
美容から生活、サブカルチャーまでなんでも詳しいのが自慢、最近の悩みは正月食べ過ぎてダイエットに失敗してしまったこと、ダイエットのコンテンツを執筆しながら、自分でも実践するつもりです。